Pocket

 

どんな洗車もキズは入る

ディティールウォッシュ関西

濃色車ならば特に洗車キズは気になるのではないでしょうか?

 

洗車キズ・・・ボディに出来る、見える微細なキズ。

 

完全にゼロにすることは、屋外で使用するならば不可能です^^;

 

ディティールウォッシュ関西

研磨により完全にキズの見えない状態にコーティングを施工して仕上げたとしても、ボディ上に乗った砂埃が転がれば、、、微細なキズは付いてしまいます^^;

 

コーティングの硬度で、、、キズから塗装を守る、、、コーティング層の膜厚が何μで、砂埃の硬度がどの程度のものか?よく考えれば^^答えは分かるかと思います。

 

ボディに触れない、屋内に保管したままであれば、キズを増やすことなく維持出来るかもしれませんが、実用車になればまず無理です。

 

あとは、どれだけキズを増やすことなく維持出来るか?です。

 

 

弊社の洗車方法は???

 

●マンション

●展示車両、ショールーム

●月極駐車場

●水の切らう旧車

 

等、水道水を大量に使った洗車が出来ない場合でも綺麗に仕上げる、維持するための洗車方法であり、この方法以外駄目でもなく、色々な洗車方法がるなかの1つの方法です。

 

洗車機でもOK

高圧洗浄機でもOK

泡の洗車でも、純水でも、ムートン、スポンジ、クロスの洗車でも何でもOKです。

 

仕上がりに問題なく、美観維持が出来れば洗車なんてどんな方法でもOKです^^

 

弊社が一般的な洗車をしないのは、全国からご相談があり(一般的な洗車方法で維持している)一般的な洗車にもデメリットがあり、弊社洗車方法の方が、数年後も綺麗に維持出来るという確信があるため行っている洗車方法となります^^

 

 

一般的な洗車で、洗車キズは防げているのか?

ディティールウォッシュ関西

 

一般的な洗車・・・流水、シャンプーを使ったガソリンスタンドや自宅で洗う洗車としましょう^^

私も子供の時から一般的な洗車をしておりました^^;

 

でも、キズって入っていたんですよね。

 

キズを抑えるために、

 

●羊毛モップで洗ってみても

●スポンジを変えてみても

●シャンプーを変えても

●モコモコの泡だらけの洗車をしても

●高圧洗浄機を使用しても・・・

 

どんな洗車をしもて洗車キズを中々、抑えることが出来ませんでした。

 

ディティールウォッシュ関西

ディティールウォッシュ関西

ディティールウォッシュ関西

その悩みはお客様も同じでした^^;

 

なぜ?

キズが減らせないか?色々考え試した結果、次のことに気づきました。

 

ディティールウォッシュ関西

●流水で流せているようで、流せていない汚れが付いている

高圧洗浄でボディを流したとしても、ボディには油分汚れに砂埃(小さな)が付着しており、流水で流しただけでは小さな砂埃が付いている。

 

その状態で、スポンジ等でゴシゴシ洗ってしまうことで無駄にキズを入れてしまっている可能性がある。

 

 

●ボディに触る回数を減らせればキズは抑えれる

シャンプー洗車を行えば、何回ボディを触る、擦るでしょうか?^^

シャンプー洗車から拭き上げまでを考えてみて下さい。

 

結構な数、ボディに触れますよね。

ボディに触れる=キズを入れる可能性は高くなります。

 

であれば、水洗いで完了出来れば、その水洗いも極力触ることを減らすことが出来れば洗車キズも減ります。

 

 

そこから考えたことが、

 

●砂埃を落とす洗車

●少量の水でも効率よく汚れを落とす洗車

 

です。

 

この洗車方法の詳細は、下記の記事よりご確認頂けます^^

【洗車キズを減らす、入れないための洗車知識と洗車方法について】

 

弊社では、出張洗車で水が使えない環境下、車販売店の室内の展示車、移動できない環境下の展示車の洗車も行う必要があり、上記の洗車方法を応用して少ない水でも塗装に大きなダメージを入れない洗車方法を、2009年ごろから実践してきております。

 

 

水を極力使わない洗車。

一見、塗装にダメージを与えそうですが、

 

 

●ボディに触れることを抑えられ洗車キズ抑止に繋がる

●古い車などサビのリスクも減らせる

●洗車後の水垂れがない

●水道設備の使用出来ない環境下でも洗車が可能

 

など、メリットも多くございます。

 

どんな洗車方法も完全にキズを入れないように仕上げることは不可能ですが、どんな洗車方法であれ洗車キズを抑える、入れないようにする方法は色々あると言えます。

 

その1つが弊社のバケツで洗う洗車です^^

 

 

洗車前の一工夫:バケツをグレードアップ

 

ディティールウォッシュ関西

洗車に使用するバケツ。

スポンジやクロスをそのままのバケツに入れていると、底に溜まった汚れ(砂埃など)とクロス等の道具が引っ付いてしまうので、その対策をします^^

 

ディティールウォッシュ関西

専用のバケツもありますが、値段が無駄に高い、、、大きすぎるなど理想のものが無い場合には、自分の使いやすいバケツで作ってしまいましょう^^

 

ディティールウォッシュ関西

 

必要なものは

 

●バケツ

●おもり

●インシュロック(結束バンド)

●猫よけ等

※全部百均で揃います^^

 

ディティールウォッシュ関西

バケツの大きさに猫よけ等をカットし、浮いてこないようにおもりを付けるだけです^^

 

これで

 

●汚れは底に溜まる

●クロス等は汚れに引っ付かない

 

状態になるので、綺麗な状態の道具を使えるようになります^^

 

ちょっとしたことですが、気持ちの安心感も違いますし実際に使用しても使いやすさを実感出来ます^^

 

 

 

 

 

弊社の推奨する洗車方法

ディティールウォッシュ関西

弊社は、カーディティーリング事業(コーティング、磨き)と出張洗車事業を行っており、お客様の駐車場がマンションや月極駐車場など、水道設備の無い、水を多く使えない場所での仕上げ(洗車)を行う必要があり、砂粒を落とす洗車法を応用した少量の水で洗車する洗車方法を実際に施工しております。

 

この洗車方法は、個人のお客様、車販売店様でも実際に施工させて頂いており今までクレームになった事案もない洗車方法で、キズを最小限に抑えることの出来る洗車の1つと自負しております^^

 

当洗車のポイント

上記でも述べたように一般的な流水洗車でも洗車キズを防ぐことは出来ません。

その原因の多くは、塗装に残る油分汚れに引っ付いた砂埃です。

 

流したつもりの砂埃を、羊毛モップ、スポンジ、クロスで擦ってしまう、シャンプー洗車を行うことで工程数が増え無駄に擦りキズを入れてしまうリスクが増えてしまっている洗車が多いです。

 

当洗車方法は、その 砂粒を擦ってしまう リスクとボディに触れる回数を抑えることでキズを抑える方法です。

 

慣れるまで少々戸惑いますが、当洗車になれれば洗車も負担の少ない作業となりますので、オススメ^^

 

バケツに水を入れ準備をする

ディティールウォッシュ関西

バケツに、水を入れます。

ミニバンなど大きなものでも洗車になれれば、8リットルもあれば十分です。

※泥汚れが多い場合などは、バケツの水を入れ直す必要があります。

 

ディティールウォッシュ関西

●柔らかい

●保水性のある

●使いやすい大きさ

 

の、クロス(タオル)にしっかりと水を吸わせ準備完了です。

 

あともう一枚、拭き上げ用に硬く絞ったクロスを準備します。

 

ボディ平面を水洗いする

ディティールウォッシュ関西

タップリと水を吸わせたクロスを準備します。

保水させたクロスで、ボディを優しく洗っていきます。

 

●ゴシゴシしない

●力を抜くこと

●クロスの自重程度でゆっくりと滑らす

●円運動をしない

 

上記を守れば、キズは通常の洗車(流水)と変わらない、それ以下に抑えられます。

 

 

ディティールウォッシュ関西

端っこをもって自重で、ボディに張り付いた汚れを浮かしていきます。

 

ディティールウォッシュ関西

実際の作業では、このように優しく支える程度でクロスを抑え動かします。

※力具合に慣れるまでは、一枚目の写真のように作業するとキズを抑えることが可能です。

 

この洗車方法で、新車ディーラー、中古車販売店、お客様(国産車から数千万の車まで)洗っておりますが、クレームが来たことがありません^^2009年より実践し1日1台と考えても4000台以上(実際は倍以上)洗っておりますが、問題ありません。

 

しかし、絶対に守る注意事項があります。

 

●力を入れない・・・クロスの自重で洗うイメージ

●無駄な動きをしない・・・円運動をしない、同じ場所を往復しない

●ゆっくりと動かす・・・早く動かせば、力が強く働きキズの原因が増えます

●汚れが多い・・・クロスが直ぐに真っ黒になる場合は早めにクロスを洗う、又は、クロスの面を変えて洗う

 

上記を守れば、まず酷いキズにはなりません。

 

ボディ平面の拭き取り

 

ディティールウォッシュ関西

硬く絞ったクロスを、洗いと同じくクロスの自重で、浮き上がった汚水を回収していきます。

 

ディティールウォッシュ関西

吸水性の良いクロス(タオル)であれば、ゆっくりと動かすことで、しっかりと吸水可能です。

 

ディティールウォッシュ関西

ペタッと張り付く合成セーム等はキズの原因となりますので使用しません。

 

ディティールウォッシュ関西

慣れれば軽く抑え作業します。

 

●力を入れない

●クロスの吸水力を利用する

●ゆっくり動かし水を回収する

●早め早めにクロスを絞り、水を吸いやすい状態にする

 

上記を守れば、拭き取りも問題ありません。

 

 

側面の洗いと拭き取り

ディティールウォッシュ関西

側面も平面と同じです。

クロスを当てにくいですが、同じように力を入れないように側面を優しく撫でるように汚れを浮かします。

 

ディティールウォッシュ関西

 

ディティールウォッシュ関西

側面は、地面に近づくにつれ平面以上に汚れが多いので、クロスを確認しクロスに汚れが溜まっていれば早めに濯ぐ、又はクロスの面を変えて作業を進めます。

 

拭き取りは、平面と同じです。

 

ガラスの洗い

ガラス面は、ボディよりキズが入りにくいのでボディより簡単です^^

基本は同じ。

 

●強く擦らない

●クロスの自重を利用して洗う

●クロスの吸水性を利用する

 

ディティールウォッシュ関西

ディティールウォッシュ関西

水を含ませたクロスで優しくガラス面を洗います。

 

●汚れが多い場合には、含む水分量を多めに調整し汚れを流すように洗います。

 

ディティールウォッシュ関西

ディティールウォッシュ関西

力を入れずクロスの自重程度で洗います。

 

ディティールウォッシュ関西

汚れが多い場合、クロスが汚れた場合は濯ぐかクロスの面を変えて作業を行います。

 

ディティールウォッシュ関西

ディティールウォッシュ関西

ディティールウォッシュ関西

ディティールウォッシュ関西

拭き上げも力を入れ過ぎないように、浮いた汚れをクロスの吸水力を利用して、汚水を回収していきます。

 

ディティールウォッシュ関西

ディティールウォッシュ関西

ディティールウォッシュ関西

マイティ3や撥水剤により保護層があれば、水がガラス面から離れやすいので洗いが楽になります。

 

●マイティ3は、ガラス面(外・内)に施工可能なので、ウィンドウ撥水を施工していない場合には、ガラス面にもマイティ3を施工しましょう^^

 

ディティールウォッシュ関西

大量の水を使わずとも、洗車方法次第で、しっかりとガラス面も洗い、仕上げることが可能です。

 

 

保護層(マイティ3)を作っておくことが重要

 

ディティールウォッシュ関西

 

マイティ3は、●キズを埋める●艶を出す、だけのワックスではなく、汚れを寄せ付けない防汚層、保護層を作ることが出来るので、施工を繰り返すことでどんどん汚れにくいボディに仕上げることが可能です。

 

保護層があれば、汚れが固着しにくい、塗装面から汚れ、汚水を離れやすくする働きがあるので、効率よく洗車が可能になります。

 

 

ディティールウォッシュ関西

マイティ3施工面で保護層がある場所は、水が撥水状態となります。

 

ディティールウォッシュ関西

マイティ3未施工面は、水が塗装面に張り付いた状態となり、拭き取りもしにくい状態です。

 

 

ディティールウォッシュ関西

左:マイティ3施工面、右:マイティ3未施工面

 

 

ディティールウォッシュ関西

未施工面

ディティールウォッシュ関西

施工面

 

ちょっとしたことですが、バケツ一杯の洗車の場合には特にこの差が重要になります。

 

 

ディティールウォッシュ関西

マイティ3の保護層がある場合、汚水は簡単にクロス側に離れる、吸い取られる状態になります。

 

 

ディティールウォッシュ関西

水洗い後、一拭きでしっかりと水を回収することが出来ます。

 

ディティールウォッシュ関西

保護層により塗装面から水が離れやすい=拭き取りにも無駄な作業(拭き取り回数)が減らせますので、結果、洗車キズ抑止に繋がります。

 

 

マイティ3は、

 

●塗装面

●ガラス(外・内)

●樹脂

●未塗装樹脂

●ホイール

●メッキ

 

等、色々な場所に施工可能、保護層を作ることが可能な面白い、万能ワックスです^^

 

 

ボディ全体をマイティ3で仕上げておけば、洗車が非常に楽になります^^

 

是非、皆様も一度お試しください。

 

 

 

まとめ

■ガラスコーティングの被膜の硬さで洗車キズは防げない

■ガラスコーティング(その他コート)により滑りやすい状態にすればキズを抑えられる

■流水(高圧洗浄)でも落ちない排ガスなどの油分と混ざった汚れがボディに残っている

残っている汚れを上手く除去することで、洗車キズの入りにく洗車ができる

 

@DW2009Kツイッターで随時、洗車テクニックや色々な情報を提供中です^^

 

【購入はこちら】

ディティールウォッシュ関西

洗車用品販売:ディティールウォッシュ関西

https://dwkansai.shop/

 

 

【お問合せ】

■ご予約・お問合せ方法について■

電話又は、予約フォームよりご予約をお願いいたします。

⇩タップすると電話可能です。

電話:090-5906-0664

受付時間:9:00~18:00

作業中等で出れない場合がございますが、着信がれば折り返しご連絡いたします。

 

⇩メールは下記をクリックすればメールフォームに移動します。

メール:お問い合わせ・ご予約フォーム

24時間受付中

動画や画像による返信が可能なラインによるお問合せがオススメ☆

http://nav.cx/pk2ZtPG

このURLをタップまたはクリックすると、公式ディテールウォッシュ関西を友だち追加できます。

ラインより商品についてのご相談やご予約・ご相談可能です!お気軽にお問合せください^^

ラインの方が、返信が早い、即動画等によりアドバイスが可能です☆

ディティールウォッシュ関西

 

 

 

QRコードはこちら↑

友だち大募集中です!ぜひ友だち追加をおねがいします^^

 

■キズの除去や汚れが落とせるか?などラインから写真を送って頂ければ簡単相談可能です!

 

Pocket